美容室 | ホームページからの集客は3年後に崩壊!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美容室のホームページの集客は3年後に崩壊する!

 

美容室 | ホームページからの集客は3年後に崩壊!

美容室のホームページ集客の危機

今回のテーマは、3年後までにホームページからの集客は崩壊するというタイトルですが、厳密に言うと、ホームページ経由から新規客の集客が出来なくなるということ!

その実態を独自の調査で調べてみた結果を分かりやすく報告する記事内容だ!

 

美容室の集客 | 自社ホームページの検索結果を知る

美容室の集客に必要なホームページを見てもらうための条件

美容室は集客するためのホームページを新規客に見てもらうには、インターネット経由しかない。ここでは新規額の集客が崩壊する内容を順番に説明するために、ホームページを見てもらえる条件を先に言っておく。

 

1、Googleの自然検索で1ページに表示される必要がある

インターネットの世界では、訪問者が検索結果を出した時には80%が1ページ目しか見ない。2ページ目までページをめくるのはわずか20%に減ってしまう。

従って美容室のホームページで集客するには、検索結果の1ページ目に表示させる必要がある!

 

2、検索ワードは地域名+美容院(美容室)

美容室の新規客は、あなたの美容室の存在もサロン名も何も知らない。

まず調べることは、新規客が検索窓に入力されやすい一般的なワードの、地域名+美容院、地域名+美容技術名だ。これであなたのホームページが何ページ目にあるのかを知っておく必要がある。

 

3、検索結果の重要ポイントを知ろう!

美容室をインターネット経由で探す新規客は、スマートフォンからの検索が80%。

検索結果についてはスマホとPCもほぼ同じで、ヤフー検索はGoogleの検索システムを利用しているだけなので、ここではGoogleの検索について書くことにしている。

 

美容室 集客|ホームページ経由から新規客が崩壊する意味?

Googleの検索結果はホットペッパーが上位

「表参道 美容室」での検索結果は下記の通りだ。

美容室のホームページ経由から新規集客が崩壊する意味?

このように、新規客が検索窓に「表参道 美容室」で手堅く検索するとトップページに表示される美容室のホームページは、青く囲んだ箇所3件のみだ。この3件はホームページにそこそこのアクセスがあるということになる。

東京都だけでも美容室は2万件は超える! そのうち表参道に美容室が何百件あるだろうか? 「渋谷区 美容室」「港区 美容室」レベルの検索になると美容室は200件を超える。

何度も言っているが美容室の新規客は検索結果の1ページしか見ない!

それは検索窓に入力し答えが1ページ目で解決できるからだ!

 

 

「自分の美容室のホームページはいつも上位だ!」 それは違うよ!

美容室経営者なら、新規客の集客のために自分のホームページの検索順位が気になるはずだ! 

 

「自分の美容室のホームページはいつも上位だ!」 それは違うよ!

「今日は何位かな? よしよし、1ページをキープ!  タップしてちゃんと表示されるか確認してみよう」という具合に。これを繰り返し行うと、Googleはあなたが好きなサイトだから、あなた用にカスタマイズさせるのだ! これがいつも上位表示をさせる間違った検索結果となる。

 

美容室の集客に必要なホームページの正しい検索順位を調べる方法

1、友人に自社ホームページ検索結果を依頼してみる(出来れば他府県の在住)

友人にあなたの美容室の検索結果を見てもらうことはかなり有効な手段だ! しかし、注意はその友達があなたの美容室のホームページをタップしないようにすること! タップしてしまうとその友人のスマホもカスタマイズされるからだ!

美容室のホームページの正しい検索順位を調べる方法

2、Google chromeのシークレット検索

シークレット検索は100%ではないが、念のためこの方法でも試してみよう。操作方法は皆知っているのでこの記事では割愛します。

美容室ホームページ集客はGoogle chromeのシークレット検索

3、自分のスマホの検索履歴を全て削除してみる

この操作方法も割愛するが、上記3つのやり方でも美容室のホームページの検索結果はだいぶ変わってくるはずだ!

 

 

新規客はあなたの美容室のホームページを見つけることが出来ない

新規客はあなたの美容室のホームページを見つけることが出来ない

新規客は美容室のホームページを探すのに漠然とした検索ワードを入力する。

「表参道 美容院」「表参道 美容院 人気」「表参道 美容院 ハイライト」「表参道 人気 美容師」「表参道 アッシュカラー」等々

このような検索ワードでもトップページの上位にはホットペッパー、楽天ビューティーなどの有料サイトで、トップページ下に3件の美容室の結果はどれも同じような検索結果に表れる。

美容室のホームページから集客できるのはこの3件だけ!

95%美容室のホームページは新規客からは見られることすらないのだ!

ホームページから集客できればホットペッパーに載せる必要がない。できないからホットペッパーにお金をだし、記載したり、インスタのプロフィールにホットペッパーのリンクを貼っているのが現状だ!

 

 

 

美容室の集客ホームページの制作をプロに作らせたら?

「競合より上位表示をさせます!」等と宣伝をしているホームページ制作会社に依頼するとどうなるか?

答えはプロが作ってもホットペッパーの検索順位を超えることは100%ない

美容室のホームページがGoogleのトップページに表示されるには、いろんなSEOの要素がGoogleに評価されてこそだ!

今時ホームページ制作のプロが作ったところで美容室のホームページ単体がトップページにくることはない。

なので美容室のホームページは自分で作ったほうがいい! それは既存客のためだ!

前回の記事では 『無料ホームページ』自分で作れ! 人気サイト5選という内容を紹介している。

このように新規客が美容室のホームページを検索する場合は、上記で言っているようにあなたの美容室の名前も存在すらいらない。

 

何故ホットペッパーが検索の上位を独占するのか?

ホットペッパー(リクルート社)と美容室の規模が違いすぎる原因。

ホットペッパー内の数万件の美容室が登録している。各美容室が記載する圧倒的なテキスト量、美容室がホットペッパーに送る被リンク数が桁外れという原因。

地域で有名で大型サロンといえども10店舗~20店舗の経営、社員数も100人~200人で一般企業からすれば小規模。美容業界全体としても1サロンは零細企業の職種だ!  

 

このような条件が重なり合って、美容室のホームページから新客様の集客は3年後に崩壊するという見解だ!

 

美容師の悩みを解決するブログ101号室

読みたいタイトルがすぐ分かる一覧はこちら

 

美容室開業・独立時の”内装設備工事費を最も安く”する方法

『一人美容室』成功するために使った1つの美容師道具

まとめ

美容室のホームページが検索されても集客できるのはトップページに表示される約3~4件のみ。

美容室は集客したいのに、新規客はほとんどがホームページにたどりつかない。

美容室のホームページ新規集客は、検索されないから3年後に崩壊する。

 

美容師によく読まれる人気記事

『美容室経営難』赤字のダントツ1位はこれ!

美容室 『店販売上』利益がでない5つの暴露と解決策

美容室『無料ホームページ』自分で作れ!人気サイト5選

 

『美容師の腰痛』40代からの恐怖!! 美容師が教える対策法

 

美容師が売上平均を上げるために「3つの基本を整理した!」

美容師 | お客様を増やすアメブロのアクセス数は8割り嘘!

小さな美容室で活躍するサロン器具

美容室のスタッフ不足に効果のあるサロン器具


通販サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*