美容師 年収 オーナーが荒稼ぎする「5つの提案」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美容師 年収でオーナーの稼ぎ方

美容師 年収 オーナーが荒稼ぎする方法

美容師 年収 | オーナー平均は500万円以下

美容師の年収でオーナーの効率のいい稼ぎ方について書いていきます!

美容師オーナーの年収はズバリ500万以下がほとんどです。月に41.6万円ほどです。

美容師オーナーの年収平均は400万も超えていないのが現状です! せっかく独立開業したのに美容師オーナーの年収は何故低いのか?

世間からも美容師は年収が低いという風潮があります。

 

美容師 年収 | オーナーが稼げない原因

売り上げと支出ののバランスが崩れている

・人件費が圧迫している

・スタッフ人数に対しての売り上げが少ない

・テナント料が高い

美容師オーナーの年収が低い原因のベスト3はこんな感じです。美容室ではやはり人件費は売り上げの50%以上(総支給額)を占めています。これでは美容師オーナーの年収が低いのは当然です。ボーナスも全く支払うこともできません。

悲しい現実ですが、せっかく雇用したスタッフも8割りは5年以内に必ず退職します!

ここでは美容室経営難と感じている美容師オーナーの年収を上げるためや、美容室経営難の立て直し、これから美容室を安く開業しようとする美容師オーナー候補の方のために解決法を見ていきましょう!

 

美容師 年収 |オーナーが稼ぐには人件費がカギ!

美容室を10店舗、20店舗を経営してスタッフ数が100人、200人いてどの店舗も利益がかなりある場合の美容師オーナーの年収は莫大な金額になりますが、1店舗のみ3人で運営しても美容師オーナーの年収は変わらないこともあります。

10店舗の経営で美容師オーナーの年収500万円と、1店舗のみ3人で経営で美容師オーナーの年収500万円でどちらがいいでしょう? 当然後者でしょう!

このような例は極端ですが、現実に存在します!

 

美容師 年収 | オーナーが荒稼ぎする方法

美容師オーナーの年収について5つの提案

美容師の年収をアップするには堅く3人のサロン

美容室の経営の立て直しを考えている方なら、スタッフ数を思い切って減らしてみることです。

美容師オーナーの年収を稼ぐのに3人サロンが一番最適です。もちろんオーナー自身が1つのサロンに集中できるということ。美容室の多店舗展開ならスタッフ管理の労力は計り知れない。上記で書いたスタッフの退店、お客さんが減る、またスタッフ募集!これの繰り返しです。

 

美容師 年収 | オーナーが稼ぐには夫婦で!

美容師オーナーの年収をもっとも稼げるのが、夫婦サロンです。集客ができればの話ですが、オーナー1人サロンの場合は売り上げには限度があります。

しかし、夫婦サロンならお客様を効率よく回転させることが可能になります。

美容師オーナーの年収が1000万円は、十分な射程距離です

何と言ってもスタッフの退職という大きな問題はなくなります。

 

美容師 年収 | オーナーが稼ぐには自宅サロンで!

これから美容室を開業するオーナーは、もちろん腕に自信があってのこと!

美容師オーナーの年収を圧迫する2番目がテナント料です。

集客に自信があるなら絶対に自宅兼美容室です。

ただ自宅兼美容室の場合は、ほとんどが住宅街にオープンするというリスクがあります。

もうひつとの方法ですが、マンション一室を美容室として利用することです。

これはなかなか難しいのですが、探せば必ずでてきます。

 

美容師 年収| オーナーが稼ぐには利幅のある店販商品!

美容室の店販は3割しか利益がない!

美容師オーナーの年収を稼ぐ補助的な売り上げが店販商品です。

店販商品といえば、大手美容メーカーが魅力的な商品でおしゃれなパンフレットも付いて、美容室の取り扱いも多いでしょう!

しかし、これが3割しか利益がとれない。しかもどこの美容室も置いていて大衆化していますよね! 店販の販売力に自信があるなら大手の商品は止めるべきです。利益が少なすぎます。

一つの解決策としては、そこそこの規模の美容ディーラーではオリジナル商品を作っていますので、絶対5割仕入れで交渉してみましょう。

 

美容師 年収| オーナーが荒稼ぎできる道具

もうアシスタントを雇わない! 人件費の節約ができる

パーマ&ヘアカラースタンド

美容室オーナーの年収が低い原因

美容師のオーナーは年収が稼げる職業

「ヘアカラー&パーマスタンド」はAmazonで絶賛販売中

美容師の売上を上げるためのサロン器具

 

美容室『無料ホームページ』自分で作れ!人気サイト5選

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*