理髪店(バーバー・床屋)の集客で3つの大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
理髪店、床屋の集客

理髪店の集客で大切なこと

理髪店同志の集客が競争激化、集客の大切なこと

理髪店も美容室同様に他店との競争がとても激しいです。理髪店の強みとしては男性客に特化したヘアデザイン、シェービング技術が出来る!

しかし、その男性客の一部のお客様は美容室へ流れている傾向にあります。美容室は基本的にシェービング技術を業として行ってはならず、シェービングを求める年齢層の高いお客様は理髪店へ、また若いお客様はシェービングがなくてもいいからデザイン性のある美容室へ行くとう単純な発想もあります。

まさに理髪店VS美容室ととしてとらえてもいいぐらいです。逆に美容室はあまり、理髪店のことは意識せずにもっぱら美容室VS美容室として考えている傾向です

理美容室の集客はコンサルタント会社に依頼するな!

 

 

理髪店の客単価の全国平均はどれくらい?

理髪店の客単価は美容室と同額な状態です。やはり低価格を売りにだす大衆理容店も含むため単価は3000円台に落ち着ています。

男性のパーマ売上は少し回復しているものの、依然としてパーマの需要が低下しています。流行るメンズパーマの需要を高くするには芸能人のヘアスタイルが最も重要なカギです。人気の芸能人がパーマスタイルでどんどんメディアに出てくれば勝手にパーマ客の需要が高まり客単価も上がってくるものだ。

 

床屋の全国の客単価

 

『一人美容室』成功するために使った1つの美容師道具

 

理髪店の客単価の地域別はどうだろう?

理髪店の単価は複合施設に出店すれば高く取らざるをえない

 

複合施設とは大手で言えばイオンモール等があり、モール側が集客をしてくれるメリットはありますが、理髪店自体の利益確保は難しくなる。デメリットとしては維持費がとてつもなく高い。最悪のデメリットとしては、賃貸借契約が10年で終了というのがほとんどで10年経てば店舗を明け渡すということになり、契約更新はまずないと考えておきましょう!

 

 

散髪屋の全国地域別客単価

 

 

理髪店に来店されるお客様の1日の平均来客数

理髪店の一日の来店数の平均は7人程度

 

理髪店の一日当たりの来客数

理髪店の曜日別来客数

 

理髪店の1店舗当たりのスタッフ数どれくらい?

理髪店1店舗当たりのスタッフ数は3.86人というデーターがあります。大型店なら何百にものスタッフを抱えていますが、平均をとっても3.86人となるのでいかにオーナー1人やご夫婦での経営が8割を超えるとも言われています。

 

 

理髪店内の分煙・禁煙について

理髪店の分煙はまだまだ行っているところも少ないようです。男性のお客様には喫煙される方も多く、また常連様ともなるといきなり禁煙になりました、ということもできないでしょう。

しかし、集客において分煙、禁煙、時間制禁煙なども積極的に取り入れていきましょう!

 

 

 

理髪店の禁煙・分煙推進店登録制度

各自治体等、市や区にもよりますが、禁煙・分煙推進店登録制度に登録を推奨しています。登録した時の得点としては、ステッカーが貰えて禁煙・分煙店として外へアピールできる、そして登録店には市や区のホームページに記載してもらえる、ホームページをリンクしてもらえる等、宣伝に有効なメリットもありますのでぜひ活用してはいかがでしょうか。

 

床屋の分煙について考えるブログ

バーバーショップの分煙率

 

 

 

理髪店(バーバーショップ)が集客でやるべき大切なことを見ていきましょう!

理容室も美容室も集客に関しては、共通な考えもありますが、今回は理髪店の為の集客方法です

美容師が売り上げを上げるための3つの方法とは?

理髪店にとっての大切な集客方法

理容師による女性パーマが解禁

理髪店が女性のパーマを手掛ける!

ご存知の方もほとんどですが、理容師は女性客のパーマの施術が認められなかったのですが2015年には、理容師による女性パーマが重要とされ解禁されました。

理容業界が女性客にターゲットをしぼりつつあり、理髪店は全国で女性のパーマスタイルに注目している

 

理容師が女性客を集客するときの重要ポイント

女性客のターゲットを徹底的に絞ること!

ターゲットを絞るということは、あなたのお店に来店していただきたい年齢を絞るということです。理容師オーナー、または主力の技術者の年齢に応じた年齢層が最も重要な見込み客になるからです。

例えば理容師オーナーが40歳代なら、お女性客は30代以上で、主な客層は40代、50代がターゲットとなります。漠然としてホームページに記載しても女性客は来店しません。この場合は40代、50代の女性客の為だけのメニュー作りを打ち出す必要があります。

 

理髪店の売り上げにとっても役立つサロン器具

 理髪店の集客に役立つサロン器具

女性スタッフを積極的に雇用を考えてみるべき

理髪店が女性客を集客するには、やはり女性スタッフが在籍したほうが有利です。女性客の中には男性に髪を触れられたくないという方も数多くいます。そのようなお客様は理髪店に来られないと思いますが、理髪店にしかできない技術を女性スタッフが対応することによってご来店の動機になります。

 

新規より既存客が大切

ほとんどの理髪店・美容室の経営者向けの記事は新規客の獲得を中心に考えた内容ですが、本来は既存客を一番大切にする。既存客こそがあなたのお店のファンであることを強く感じます。

女性客が新規でご来店→リピート→固定客になる流れが一番の理想です。特に何年も通い続けておられる常連様には他のお客様と絶対的な区別をするサービスが必要となります。それが今後の大切な集客へとつながります。

 

理髪店(バーバー・床屋)の集客のまとめ

1.女性客のターゲットを徹底的に絞った集客をする

2.女性客を集客しやすくする為に女性スタッフの雇用を考える

3.新規客より既存客を大切にする

 

 

その他よく読まれる関連記事

美容室開業の資金調達編 アメブロへ

美容室開業の物件探し編 アメブロへ

美容室の内装費用を一番安くする方法

④美容室の器具を一番安く買う方法

 

よく読まれている記事

美容室が補助金を「2年連続」もらえた体験談!

美容コンサルタントが役にたたない4つの理由

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*