給料

美容師 年収 オーナーが荒稼ぎする「5つの提案」

美容師 年収でオーナーの稼ぎ方

美容師 年収 オーナーが荒稼ぎする方法

美容師 年収 | オーナー平均は500万円以下

美容師の年収でオーナーの効率のいい稼ぎ方について書いていきます!

美容師オーナーの年収はズバリ500万以下がほとんどです。月に41.6万円ほどです。

美容師オーナーの年収平均は400万も超えていないのが現状です! せっかく独立開業したのに美容師オーナーの年収は何故低いのか?

世間からも美容師は年収が低いという風潮があります。

 

美容師 年収 | オーナーが稼げない原因

売り上げと支出ののバランスが崩れている

・人件費が圧迫している

・スタッフ人数に対しての売り上げが少ない

・テナント料が高い

美容師オーナーの年収が低い原因のベスト3はこんな感じです。美容室ではやはり人件費は売り上げの50%以上(総支給額)を占めています。これでは美容師オーナーの年収が低いのは当然です。ボーナスも全く支払うこともできません。

悲しい現実ですが、せっかく雇用したスタッフも8割りは5年以内に必ず退職します!

ここでは美容室経営難と感じている美容師オーナーの年収を上げるためや、美容室経営難の立て直し、これから美容室を安く開業しようとする美容師オーナー候補の方のために解決法を見ていきましょう!

 

美容師 年収 |オーナーが稼ぐには人件費がカギ!

続きを読む

美容師が売上平均を上げるために「3つの基本を整理した!」

美容師が売上平均を上げるための必要性

美容師が売上平均を上げるためには?

美容師の売上で経営者と店長をスポットにあててみた

美容師の売上というタイトルですが、売り上げを特に意識しているのは、やはり美容室経営者であり、次に店長クラスです。スタイリストやデビュー間もないスタイリストも美容師の売り上げを意識していないわけでもないが、責任度からしてここで言う美容師とは、売上を上げる必要性を強く感じる美容室経営者と店長書いてみた。

ここではもう少し、美容室の売上をあげたい!売上が落ち込んできた!美容室の経営者、売上の要である店長に対し、美容師の売上を上げるための忘れかけている基本を整理しました。

 

美容師が売上げを上げる時の目標設定は?

美容師の売上は技術売上が中心

ここでの売上というのは1か月の美容売上(技術売上)のことであり、店販売上は売上の性質が違う為、除外します。

美容師の売上の正当な目標計算はこうだ!

美容総売上÷スタッフ人数 

注意点は正社員が1人として、パートが週の半分の出勤日数の場合は0.5人としなければ正確な目標数字がでてこない。また、新入社員がいる場合も出勤してきた瞬間から給料が発生するので、仕事ができなくても1人としてカウントをする。

美容師の売上が200万達成した方法の根拠がない?

続きを読む