2017年 8月 の投稿一覧

『美容室開業のノウハウ』 知って得する自治体支援

美容室開業のノウハウで自治体支援の活用術

美容室開業のノウハウについて得すること

今回の記事では、美容室開業でまず投資額が一番気になるところですよね! 

前回記事では、美容室開業・独立時の”内装設備工事費を最も安く”する方法

美容室開業に必要な器具や備品を一番安く買う方法を紹介してきました。

美容室開業のノウハウとして自治体支援制度というものを活用できる内容を書いていきます。

今回はプライベートサロン向けの美容室開業に適しています!

 

自治体支援制度は、その年の予算や各都道府県によって内容が異なりますので、美容室開業にマッチングした内容が必ずしもあるとは限りません。

 

美容室開業のノウハウで自治体支援とは?

起業、事業所の賃料や諸費用の一部を負担、補助、水道料金を補助、または起業者に一律100万円を支給するなど移住者への手厚い支援が行われています。

最大で5億円茨城県笠間市の、新規事業のための用地取得費用に対する補助金

最大で6270万円北海道浦幌町では、新規事業を起業する際の助成金

 

自治体支援の全国ランキング(一例)

美容室開業のノウハウ

豊かな自然で美容室を開業したい

田舎へ帰って、移住先で美容室を開業したい

空き家で美容室を開業したい

美容室の開業で、中には一軒家そのまま美容室にしたい、どうせなら家族で住居兼美容室にしたい、都会ではなく故郷へ戻って美容室を開業してみたい等、美容室の開業をするにあたっても人それぞれの夢があります。

 

「自然豊かな環境で暮らしたい」「移住先で新しいことにチャレンジしたい」—そんな移住者の受け入れに積極的な自治体が全国にはたくさんあります。 、移住者を応援する支援制度を「住まい」「子育て」「仕事」「移住・体験」があります。

 

 

美容室開業のノウハウで知らないと損!!

きっとあなたの美容室の開業の役に立つサイト!

続きを読む

“美容室開業の資金集め”が超簡単にできる方法

美容室開業のおすすめ超簡単資金集め術

美容室開業の資金集め

美容室開業は資金集めが肝心

美容室を開業するために一番先に考えることが資金の調達です。

その次には美容室開業の内装工事です。美容室開業の内装工事や備品を安くするにはこちらの記事で分かりやすく説明しています。また、美容室の開業資金集めで別の方法として、国からの補助金のもらい方等も合わせて検討していくと有効です。

ここでは美容室を開業するにあたって資金の調達法から、最も有効に借り入れできる方法と対策を書いていきます

美容室の開業資金集めは日本政策公庫へ

美容室の開業の資金は日本政策公庫

美容室開業の資金は銀行から借りれない

美容室開業の資金集め(融資)は、銀行から借りるという概念を捨ててください。

 

美容室の開業でお金を借りるというのは通常です。ほとんどの方は〇〇銀行から借りる

というイメージですが、新規美容室の開業で銀行から借りるのはほぼ不可能です。

一番先に日本政策金融公庫へ相談に行って下さい

 

美容室開業・独立時の”内装設備工事費を最も安く”する方法

美容室の開業資金集めは公庫の窓口へ行くこと

美容室の開業資金集めは、日本政策公庫ですが電話相談ではなく、必ず窓口へ直接相談に行くことです。

美容室の開業までは一年後という設定です。この時点ではあくまで日本公庫の考え方や

どんな書類がいるか把握し、申し込み用紙を持って帰るだけで構いません。

申し込み用紙・書き方などはダウンロードもできます。

 

美容室の開業資金集めの事業計画書

美容室開業の資金の集め方

美容室の開業資金集めの事業計画書のポイント

続きを読む

美容師 年収 オーナーが荒稼ぎする「5つの提案」

美容師 年収でオーナーの稼ぎ方

美容師 年収 オーナーが荒稼ぎする方法

美容師 年収 | オーナー平均は500万円以下

美容師の年収でオーナーの効率のいい稼ぎ方について書いていきます!

美容師オーナーの年収はズバリ500万以下がほとんどです。月に41.6万円ほどです。

美容師オーナーの年収平均は400万も超えていないのが現状です! せっかく独立開業したのに美容師オーナーの年収は何故低いのか?

世間からも美容師は年収が低いという風潮があります。

 

美容師 年収 | オーナーが稼げない原因

売り上げと支出ののバランスが崩れている

・人件費が圧迫している

・スタッフ人数に対しての売り上げが少ない

・テナント料が高い

美容師オーナーの年収が低い原因のベスト3はこんな感じです。美容室ではやはり人件費は売り上げの50%以上(総支給額)を占めています。これでは美容師オーナーの年収が低いのは当然です。ボーナスも全く支払うこともできません。

悲しい現実ですが、せっかく雇用したスタッフも8割りは5年以内に必ず退職します!

ここでは美容室経営難と感じている美容師オーナーの年収を上げるためや、美容室経営難の立て直し、これから美容室を安く開業しようとする美容師オーナー候補の方のために解決法を見ていきましょう!

 

美容師 年収 |オーナーが稼ぐには人件費がカギ!

続きを読む